TOPICS

BACK TO TOPICS
2021/04/01
  • WORK
  • PRODUCT

地震による建物健全性評価システム 「測震ナビ™」

地震直後、迅速に構造体の健全性を評価。 ~最新技術でBCPを支援~

地震発生!うちのビルは…
地震発生後に建物の安全性を確認するには、これまで専門家が不可欠でした。被災地に到着するのに数日かかる可能性があります。

「測震ナビ™」は、地震発生後数分で建物の健全性を簡易評価する支援ツールです。

新技術を結集させて、より早くより簡潔に判断

――「測震ナビ™」を開発した弊社リニューアル推進部関山、佐藤、森川に開発の経緯を聞いた。

【関山】
建物内に「MEMS型加速度センサー*」を設置します。建物に振動が加わると、センサーがまず測震ナビ™システムが入っている建物内のパソコンに振動のデータを送ります。
*微小電気機械システム技術を用いた計測センサー

振動データはパソコン内で即時に処理、解析され、大成建設独自の計算方法で評価・判断されます。

データはインターネットを介してクラウド上へアップロードされるので、タブレットやスマートフォンなど様々な端末で閲覧が可能になります。

もちろんクラウドですので、複数の建物でも一括で評価できます。

大成建設株式会社
リニューアル本部
リニューアル推進部耐震推進室 室長
関山 雄介 氏

――なるほど、それは頼もしいですね。
さて、佐藤さん「評価」「判断」というのはどのようなものでしょうか?ある程度建築を専⾨とした⽅がわかるようなものでしょうか?

【佐藤】
「安全、要点検、危険」という3段階で評価されます。
「安全」は継続使用可、「要点検」は機能を限定して使用可、「危険」はすぐに避難する必要がある、というように分類されています。

地震が起こった際、専門家の到着を待たずに迅速に判断することが出来るのがこの「測震ナビ™」の大きな強みですね。

大成建設株式会社
技術センター先進技術開発部
新領域技術開発室 次長
佐藤 貢一 氏

従来からのシステムと比べて大きなコストメリット

――なるほど、では森川さん「測震ナビ™」導⼊のメリットとしては、他にどのようなものが挙げられますか?

【森川】
大きなメリットとしては、従来のシステムに比べて初期コスト、メンテナンス費用を大幅に軽減できるという点ですね。

――大幅にという点はユーザにとって嬉しいですね!

【森川】
はい、また他にも、「復旧期間の短縮が期待できる」「余震に対し、繰り返し適用できる」などが挙げられます。

BCP支援効果をこのツールに凝縮させていますので、BCPが叫ばれる昨今、コストメリットを最大限に享受いただけると思います!

大成建設株式会社
ソリューション営業本部
AIIoTビジネス推進部
プラットフォームデザイン室 課長
森川 隆 氏

――ありがとうございました。

大成建設株式会社と株式会社地層科学研究所(神奈川県大和市)で共同開発された「測震ナビ™」は今後も様々な拡張を予定しています。

こんなに小さいが頼りになるMEMS型加速度センサー

手のひらよりも小さいセンサー。このセンサーで24時間365日建物の揺れを測定します。

CEATEC2020での様子

振動台模型での実験のムービーです。ぐらぐらと揺れる模型の中でセンサーが揺れを感知しています。

見やすく、分かりやすく

パソコンに映し出される測震ナビの画面です。
※震度はテスト上でのものです。実際の地震のデータではありません。